· 

茶室の畳と床の間 ダイケン黄金色

床の間の畳 完成品

茶室の畳と床の間の畳を製作しました。

床の間の畳表はダイケン表床龍(小目)で畳縁は無地の茶色です。

ダイケン表「床龍」は前回ご紹介しておりますのでご参照ください。

ダイケン床龍小目床の間の畳

 

床の間の畳の施工について

床の間の畳表の裏

床の間用の畳表

貼り付け後

床の間 貼り付け後

床の間の畳の施工方法はいくつかあります。

 

今回のように取り外しできる台に張るつけるタイプと、上敷きの様に作り床に敷くタイプと、通常の畳の様に作り敷き込むタイプがあります。

 

茶室にはダイケン銀白を使いました

茶室の畳表は、ダイケン銀白の黄金色です。

畳縁は床の間と同じ無地の茶色です。

 

ダイケン銀白黄金色は、高級畳表の退色後の綺麗な色味を表現しています (^-^)

料亭などにもよく用いられます。

 

茶室の畳ですと、色々と伝統的な仕様などがありますが、時代やお客様の生活に合わせ変化してもよろしいかと思います。

 

お客様のご希望に合わせ様々なご提案をさせていただき、一緒に決めていければ良いと思います ( ^^)/\(^^ )