· 

嵐山町のお客様 張替えと新調 縮んだ畳の隙間補修!

嵐山町のお客様の表替えと新畳の入替えをしました。

 

表替えの6畳間の畳は、長く使用しているため藁床が弱くなっておりましたので、糸引き表にしていただきました (^-^)

 

畳を寄せると、丈や幅に大きな隙間が出ましたので補修しました。

古ゴザや厚紙、タタミボードなどを使い、畳に足して丈や幅を出します (^▽^)

また、表面にある凹んだ部分には藁やい草を足して補修します。

 

新畳入替え 6畳2間

新畳の入替えは6畳の2間をさせていただきました。

畳表は在来種の丈夫な麻引き表(麻綿W)を使用しました。

 

現在は様々なイ草の品種があり、在来種は少なくなっています。

ちょうど、厚みがあり織りの良い在来種の畳表が入荷しましたので、おすすめさせていただきました (^-^)

 

日頃良くお使いになる部屋で、畳の表面の凹凸が気になるとのお話で、建材床を使用し新畳を製作しました。

 

本来、畳床は藁で作られておりましたが、現在では藁の畳床の需要は少なく、木質繊維のボードとポリエチレンフォームを使用したものが多く使われております。

虫の食害に遭いにくく、腐食しにくい等の利点もあります (^▽^)

 

とても綺麗になったと喜んで頂き良かったです。

この度は誠にありがとうございました (^o^)/