· 

コの字型の畳 掘りごたつ 東秩父のお客様


東秩父のお客様の畳の表替えを二部屋(8畳・6畳)朝引き取り夕方納めました。

 

畳表は当店人気の熊本産「ひのさやか」で畳縁は市松柄のルーミーです。

 

居間の八畳の中央に堀こたつがあるため、畳を二枚コの字型に切り欠いてあります。

最近ではコの字型ではなく、脇に小さい畳を納める形が多いです。

 

写真の中で色が違って見える畳がありますが、それは敷き方によって畳の目の向きが隣と違うため、光の当たり方で色が違っている様に見えます。

この効果が活用されているのは、縁無し畳の市松敷きです。

 

この度は誠にありがとうございました (^_^)/