· 

東秩父のお客様  市松柄表の表替えと床の間の畳

東秩父のお客様の表替えを2部屋「市松柄表」にてさせていただき、当日に床の間の畳も追加となりました。

既存の畳も市松柄表でした。(以前当店にて施工)

 

市松柄表には人気の畳縁「白馬№6」をお選びいただきました。

市松柄表には無地の畳縁が多いですが、柄縁も調和しきれいです (^-^)

 

床の間は紋縁(七宝 銀)を使用しました。

紋縁は床の間や寺社などに使用される畳縁で、紋の大きさに合わせて縁幅が変わってきます。

今回の紋縁は通常の畳縁より1㎝ほど幅が広くなっております。

 

綺麗になったと喜んで頂き良かったです (≧▽≦)

 

この度は誠にありがとうございました。